国際騎手招待レース!




keiba...2





凱競走馬と共に、ターフ上の、”主役的存在” であるジョッキーたち。


走るのは馬ですが、走らせるのはあくまで人間。
いかに彼らがレースにおいて重要であるかということは、
普段馬券を購入している方ならば、イヤというほど実感されているでしょう。


そんなジョッキー達が、競走馬以上に、”主役” となるイベントがあります。


『国際騎手招待競走』 は、
世界中の有名騎手が一同に介し、その騎乗成績を争うイベントです。


実は、全世界あらゆるところで開催されているのですが、
今回は、その中でも、メインとなっているイベントを簡単に紹介致します。







■WSJS(ワールドスーパージョッキーズシリーズ):日本

JRA主催であり、計15人で争う騎手招待競走。

対象となる4レースの騎乗結果で、順位が決まる。
なお、2014年は11月に東京競馬場で開催。

『世界のトップジョッキー(8人) + JRA所属トップジョッキー(6人)
 + 地方競馬所属トップジョッキー(1人)』 の、







■シャーガーカップ(Shergar Cup):イギリス

イギリスのアスコット競馬場で行われる、4チーム対抗戦。

各チーム3人で、チームメンバーの騎乗成績がポイントとして反映される。
一番ポイントを獲得したチームが優勝。

なお、チーム戦とは別に、最もポイントを獲得した個人にも、
『シルバーサドル』 という栄誉ある賞が贈られる。

『英・愛選抜チーム』 『女性選抜チーム』 『ヨーロッパ選抜チーム』 『世界選抜チーム』







■ロンジン・インターナショナルジョッキーズチャンピオンシップ:香港

香港で行われる国際騎手招待競走。

システムはWSJSと似ていて、4レースの騎乗成績で順位を争う。
なお、日本人では武豊が2004年に総合優勝を果たしている。







その他にも、日本人が参戦した騎手招待競走では、
下記のようものがあります。


『エルメスカップ』(フランス)
『韓国馬事会国際騎手招待レース』
『トルコジョッキークラブ国際招待競走』


国際騎手招待レースは、人間にスポットが当たるイベントですので、
やはり、大きく盛り上がるレースとなりますね!







Tagged with:
 

Recent Entries

You must be logged in to post a comment.