世界を股にかけるトップジョッキーたち!




keiba...2





海外馬の日本参戦が減少する一方で、
外国人ジョッキーの日本参戦は年々増えています。


出身国の台所事情などもあり、
レースの賞金が高額な国を訪れるジョッキーは増えているようです。


特に、経済状況が芳しくないイタリアではその傾向が顕著で、
イタリアのトップジョッキーである、『ミルコ・デムーロ騎手』、
『ウンベルト・リスポリ騎手』 は、今年から香港を主戦場としています。
(デムーロ騎手は昨年、残念ながらJRAの騎手免許試験に不合格となってしまいましたよね…)


というわけで、昨年世界各国で活躍したジョッキーたちを、
ピックアップしてみましょう。






■クリストフ・スミヨン

フランス・リーディングジョッキー。

凱旋門賞ではオルフェーヴルに騎乗し、2年連続の2着。

昨年、日本での乗鞍はなかったが、
2010年にブエナビスタで天皇賞(秋)を勝利している。





■リチャード・ヒューズ

イギリス・リーディングジョッキー。

2013年はイギリス1000ギニーをはじめ、G1を8勝。

日本にも10年ぶりに来日し、ジャパンカップやWSJSに騎乗。
WSJSでは見事総合優勝を果たした。





■アンドレア・シュタルケ

ドイツ・リーディングジョッキー。

凱旋門賞、キングジョージをデインドリームで勝利している。

ジャパンカップ騎乗など、スポットで来日することはあったが、
昨年初めてJRA短期免許を取得。





■ハビエル・カステリャーノ

アメリカの最優秀騎手賞である、『エクリプス賞』 を受賞。
昨年はBCジュベナイルフィリーズなど、G1を4勝。






いかがでしょうか。


もしかすると、レース賞金が高額な日本ですから、
彼らを目にする機会は今後増えるかもしれません。


もし見かけることがあれば、要注目です。







Tagged with:
 

Recent Entries

You must be logged in to post a comment.